【1周年特別企画】2代目MOF物語 その6

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

前回までのあらすじ(第5話はこちら)

右も左も知らない子達が集まったまま発進された2代目MOF
明日はくるのか!?

x-x-x-x-

ケイさんが入って10日位たった7月の末日。

b000175.png




MOFに新たな子が加入したんだ。

ffxiv_20170730_224847_2018071904344315b.png

実はMOF物語3話(第3話はこちら)であたしが勧誘してた時に
フリートライアル版で加入できなかったララフェルちゃんである。


そう


ffxiv_20170730_234051_20180719043901b93.png

しぐれちゃんである

2代目MOF初のララフェルである。

あたしの事、フレンドのままでいてくれて
覚えていてくれて、凄く嬉しかった記憶がある。





ffxiv_20170914_011931.png

この子にはこれから先
そして今でも、何度も何度も何度も助けられるのである。

ffxiv_20170905_015017.png

過去何度あたしの心の重みを取ってもらったか
わからない位。

ffxiv_20170905_014057.png

過去公にはしてないだけで
あたしは何度も潰れそうになった。

心が潰されそうになった。

ffxiv_20171110_025449.png

ほんとに、ほんとに
何度あたしの心を照らしてくれたんだろう?


うまくいい表せる言葉がない。
そんな自分が悔しい。


そして、もう一つ。
このFCの中で1番申し訳ない事をしたと思ってる子でもある。

あたしの思いを勝手に押し付けて
半年以上も苦しめたのかもしれない。

ずっと悩ませたし重荷になっていたと思う。

ごめんね。

それはオフィサーの事。

ffxiv_20180328_231622_20180719053036b57.png

1度辞退を考えてる事を話された事もある。

ケイさんの様にコンテンツをガシガシクリアして導いたり教える腕もないし
みゆさんの様にみんなをまとめるようなコミュ力もない

どうして自分なんかがマスターのかわりみたいなオフィサーをしているんだろうって
しぐれちゃんはずっと悩んでいた。

あたしはそんなしぐれちゃんの苦しみを
半年以上も知らなかった。気付けなかった。

本当に馬鹿だ。

確かにしぐれちゃんは自分でいう通り
そんなにゲームがうまい!とかそいうのでは
無いのかもしれないし
いつもトコトコだから、周りを見れないというかついていけてないトコもあるし
昔のあたしと一緒でどちらかというと人見知り?なのかもしれない。

でもそんなのは関係なくって
あたし、ケイさん、みゆさんとすごく仲が良くて
それぞれが凹んだ時に一番相談のれる人がしぐれちゃんなのだ。

客観的に物事をみれて、きちんとした意味での
否定的な意見も出してくれるし
あたしの事を姉様、姉様というけど

実は気持ち的にはしぐれちゃんのが姉様だと思ってる位。

みゆさんと一緒で
あたしが暴走しがちなんでブレーキ役になってもらってる。

のであたしはこれからもずっとしぐれちゃんにはオフィサーになってて
貰おうと思ってる。

この子はこの子なりに
1年たった今みてると成長してると思う。

この子の何がいいってさ

素直だし健気なんだよね。

話してるとあたしの汚い部分が
洗われる感じ。

眩しく思っちゃう。

別にゲームがうまくなくたっていいじゃない。
みんなとうまくコミュがとれなくてもいいじゃない。

しぐれちゃんはしぐれちゃんで
すっげーかわいいし、まっすぐだよ。

ffxiv_20180328_235848_201807190530381c7.png

これからも多分、ずっと迷惑をかけていくとおもうし
暴走すると思う。

その時は頭をこづいて こらって とめてね

大好き。

x-x-x-x-

クラフターのレベルが低かった時に
めっちゃ必死に何時間もかけて

AF装備だったしぐれちゃんの為に
装備をつくった事がある。

ffxiv_20170908_014642.png

多分FCで人の為にあたしが装備をつくったのは
初だと思う。

めっちゃ喜んでくれたのが今でも記憶にある。
あたしも嬉しかった。


x-x-x-x-

さて、MOF物語の第6話も終わりなので

おりんさんが
ここでしぐれちゃんすら知らなかった事実暴露懺悔したいと思う。

しぐれちゃんがフリートライアルも取れたであろう30レベルの時。
たまたまゴールドソーサーであたしと再会して
FCに加入したって話がしぐれちゃんも他の皆も聞かされてる事だと
思うんだけど。

実はあたし
フレンドリストでゴールドソーサーにいるのをみて
自分からしぐれちゃんに会いに行きました。

しぐれちゃんにはFCに入ってほしかったから。
ごめんね、てへ💟

x-x-x-x-

実はしぐれちゃんにはまだ逸話があって

あまりの可愛さに
しぐれちゃんの事をマイエンジェルとか言っちゃう時があるんだけど

とある日

しぐれちゃんがインしてきた時に

あたし「マイエンジェルこんばんちゃ^^」

って、FCチャットで言わなくて

PT中に
PTチャットで誤爆したことがあります。

しかも

半壊してるシグマ4層ケフカ戦の時


すっげーーーはずかしかった笑笑


つづく


◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

web拍手 by FC2
TAG :
FF14
お友達募集
Durandal
FCメンバー募集
Twitter

【1周年特別企画】2代目MOF物語 その5

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

前回のあらすじ(第4話はこちら←)

新しくケイさんもMOFに加わって少し賑やかになったMOF。


ffxiv_20170729_003611.png

あたしを含めて右も左も知らない子達の
FC生活が始まった。

ffxiv_20170729_001300.png

なーにもすることもわからなくて
何をしていいのかもよくわからなくって

ただただ毎日くだらない事をして過ごしていた気がする。

勿論ただ単にルレとかコンテンツとか
一緒に行こうってのはあったけども

そんなのはLSやCFでも出来るし、利害が一致しただけの
集まりでも出来る事である。


あたしはそいう集まりを目指してはいない
FCとしての目指す場所はそこじゃなかった。


ffxiv_20170729_002733.png

今思えば一緒にダンジョンとかもいくけど
毎日馬鹿ばっかやってた時間のが多かった気がする。

それはみんながまだする事が出来ない、わからないっていうのも
勿論あるけど。

みんな、FCを作っていこうって気持ちが心の中にあったんだと思う。

ffxiv_20170729_232934_20180717144152232.png

はじめて2代目FCとしての共同作業も始めてみた。
FCハウスの外装をカーバンクルハウスにしようっってね。
(ふぇりさん、ふぃる、Aさん、みゆさん、ケイさんと)

b000172.png

ケイさん、みゆさん、Aさんとあたし。

この1か月前はSSをほとんど撮るという事が少なくって
マスターになって、みんなが来てから
一気に増えたなぁ。。。

前の小話でも少し話したみゆさんとケイさんについてもう少し。

今回はもうちょっとあたしの心の中をがっつり書いていこうと思う。


ケイさんとみゆさんは今でもいてくれてるし
この二人においては絶大な信頼をしている。

2人の立ち位置?スタンスや考え方は結構違うというか
まるっきり逆のトコもあるけど


2人に共通して言えるのは

FCに1番の重きを置いてるって事。

なるべくFCで済ませようと頑張ってるのがわかる。
FCの皆と遊ぶのを大事としている。


FCマスターとしてはやはりこれは嬉しいものである。



勿論みんなの都合もあるし
全部が全部うまくいく事はないだろう。

うまくいく事は少ないのかもしれない。
でもそれは当たり前なのだ。

複数の人間が一緒に生活をしてる中で
ゲームの時間を楽しんでいるのだから。

この2人はうまくいかなくても周りには絶対そいうのを
不満を愚痴らない。出さない。

それってみんなの事、FCの事を考えているからなんだよね。
そいうのをみたみんなはどう思うのか
あたしがみたら心労になるとか
頭にあって大事にしているのがよくわかる。

勿論愚痴るな、不満を出すなとは言わないけど
あたしに言うなりすればいいし
みんなで建設的に話し合うのはいい事だと思う。

初代マスターがどこかの偉人の言葉をもじって
よくいう言葉がある

FCがメンバーのために何をしてくれるのかを問うのではなく、
メンバーがFCのために何を成すことができるのかを問うて欲しい



この精神を言われることなく
持ってるのがこの2人なんだと思う。


では、昨日のFCメンバーの死者の宮殿のクリアフラグを
取りにいくために
ケイさんに一緒に来てほしいってお願いしたんだけど

ここでケイさんがあたしに言った言葉で
〆て今回の小話は終わりたいと思う。

x-x-x-x-

いつも思ってるんですがこういうとき
りんのさんにありがとうって言われる筋合いはないですぞ
僕自身がFCメンと遊びたいと思ってるし
今回みたいに〇〇さんと死者いく話を
持ってきてくれたことに逆に感謝してる


僕はもう
行きたいところない?
困ったことあったら言ってって
言ってもらえる初心者じゃないし
それをする立場だから
りんのさんの頼みを聞いて〇〇さんに付き合うんじゃなく
僕の意思で〇〇さんと遊びたいってこと


なんていうか
FCに協力する?立場じゃなく
FCの一員としてりんのさんに声かけられたい
みたいな


だからこういうときは
ありがとうとかじゃなくて
うえーーい!!って感じでお願いしますw


x-x-x-x-

あたしは今までも
これからもきっとケイさん、みゆさんには頭があがらないだろう。

本当にありがとう。

つづく

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆


web拍手 by FC2
TAG :
FF14
お友達募集
Durandal
FCメンバー募集
Twitter

【1周年特別企画】2代目MOF物語 その4

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

前回のあらすじ(第3話はこちら←)

2人も加入する事になって天にも昇りそうな気持のおりんさん。

果たして未来はあるのか。。。!

x-x-x-x-

ffxiv_20170724_020455_20180715192532f88.png

当時のFCハウス。🌹ラベンダーベッド🌹


次はもっと大々的に募集してみよ!って思い
MOFはこんなとこだよーってロードストーンに書いて
メンバー募集記事も書いてみたの。

どんな施設が使えるとか
FCに入るとこんな事があるんだよーとか

あたしがまだマスターとして未熟なので
これから一緒にFCを作り上げていきませんかー!って

のを必死な思いで書き綴った気がする。



募集記事を出して1日かな。

釣りをしていると
こんばんはー、コメントみました、FCに入りたいのですが

って、tellが来たんです。

は??まじ??

ロードストーンの効果しゅごい。。って思いつつも!

現地に向かってお話を伺ってみたところ。
体験でいいから入ってみたいとのこと。

ここでもきた。。。!体験という言葉が。。。!

これは流行りなのか???


と、思いつつも

どうせだからいい機会だし
みゆさんとAさん、そして新しく入った子も一緒に
FCハウスに呼んでFCハウスの説明とかしちゃおっかなって呼んだんだ。

ffxiv_20170721_235903_20180715195027900.png

はじめて新規で入った3人が揃った瞬間であった。

おお、内装すごいー!って驚く3人。

内装。。。内装。。


実はこのFCハウスの内装は初代マスターからの内装を
ほぼそのまま使っていたのだ(笑



初代MOF動画参照(初代マスター作)
(実はあたしとかおりちゃんもこっそり映ってるのは内緒)

ffxiv_20170722_002137_201807152016298b7.png

そしてtellをくれて新しく入った方はケイさん

この日はフィルがみゆさん達の装備を作り

b000168.png

ffxiv_20170722_003736_2018071520163005d.png

みゆさん、Aさん、ケイさん、ふぃる、兄貴と
深夜まで踊ったりして遊んだぁ。

今までほぼソロだったのでこの日の出来事が
今でも頭に鮮明に残ってる。


ああ、あたしはこれからFCを運営していくんだなって

うまくいくのかな。

せっかく入ってくれたこの子たちに不憫な思いはさせたくないな、とか。


色々頭の中で渦巻きながら。


x-x-x-x-

ffxiv_20170729_001608_201807152100134d2.png

今回入ってくれたケイさん

あたしからみたらすっごい生意気な弟みたいな存在。

普段からおちゃらけてるし
お馬鹿な事ばっかやってるけど

んでも実はすごい真面目で皆思いで。
みゆさんと一緒で誰かがどこか行きたい~っていうと率先して混じって
行ってくれるタイプ。

凄く助かってる。

あたしもめっちゃ困った時は
ケイさんに相談に乗って貰ったり。

ffxiv_20170727_231859.png

今だから言えることだけど
過去に一度ケイさんとはガチ喧嘩をしたことがあります。
ケイさんがFCを飛び出してしまうほどに。

あたしもケイさんの状態、状況を知らないで
追い詰めた感があるし

その時の戒めとしてある事を今でも守ってる。

今では笑って過ごせるし二人ともその事があったからこそ
さらに信頼しあってる仲間になれたんだけどね。

今ではFCにいなきゃいけない一人だと思ってる。

なぜ喧嘩する事になったのかは
後々小話で話しちゃうかも。話さないかも。



ちなみにケイさんが言ってる
みゆさんのフィアンセですってのは自称なんで
話半分で聞いておいてください

つづく

web拍手 by FC2
TAG :
FF14
Durandal
FCメンバー募集

【1周年特別企画】2代目MOF物語 その3

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

前回までのあらすじ(第2話はこちら←)

変に勢いづくおりんさん

このまま勧誘頑張っちゃうぞ!


x-x-x-x-

みゆさんをMOFに加え

うきうき気分
メラメラと闘志に燃えて

次の地、グリダニアに足を運んだのだ。

エーテライトに降り立ってすぐに若葉マークのついた
かわいいララフェルちゃんを発見!

さっき勧誘成功した勢いがあったので
躊躇する事なく

あたし「あ、ああああああ、あの!ちょっといいですかーーー!」

って声をかけてみたんだ。

でも、お返事が返ってこなくって。

やっぱりさっきのはまぐれとか奇跡の類だったのかなぁって思っていたら
なんとセイで返ってきたの。

お話を聞いたらフリートライアル版らしく
フリートライアル版はtell出来ないみたい。

あゝ、そういう事なのかぁ。。それは仕方ないよねって!
それでFCに入ってみませんか?って話をしてみたの

したら

フリートライアル版は
FCに加入する事が出来ないみたい。


ffxiv_20170804_014405.png

は!?

な、なんやて????


慌てて調べるおりんさん。

。。。。ま、まじだった💦

そんな事を知らないまま勧誘をしてた2代目MOFマスター。

ど、どうしよう。。。たはは💦
とお互い笑顔になりながら
もし、フリートライアル終わったのなら是非我がFCに!って

その子とフレンド登録してその場はバイバイしたんだ。

その時のあたしの気持ちは
多分この子、優しいから社交辞令的にもしフリトラ版が終わったらって
体よく言ったんだろうなー、ちょっと寂しいけど優しい。

って気持ちがあったのを覚えてる。


x-x-x-x-

うーん、やっぱりなかなか難しいよねぇって
思いつつマーケットの方に歩いたら
若葉マークで放置?してるヒュラ子ちゃんを見っけたの。


そこで声をかけたら
最初は返事がなかったんだけど

「すみません、りせきしてました、なんでしょうかー」

って、返事がきたの。

うおおおおおおおおお!もうダッシュや!

って、その場に向かって

b000166.png

ありとあらゆる情熱の限りをその子にぶつけてみたところ

人数少ないFCが好きで
体験からならお願いします
 


と。


体験???体験ってなに???
あたし達のFCがお試しされる?ってこと???

体験という言葉もこの時初めてきいた気がする。


b000167.png

そしてみゆさん(左)に続いてMOFに加入してくれたAさん(仮名)

この時はめっちゃ嬉しかったなぁ。
みゆさんと一緒に遊べる子が増えてよかったあって気持ちが
あたしにはあった。

ffxiv_20170728_003555.png

なぜAさんなのかというと今はMOFに在籍してないからですねー。

ffxiv_20170728_003459.png

いい事も悪い事もなるべく包み隠さずここに記していこうと思うけども
別に憎んでいるとか悪意があって悪くいうとかそいうのでないのでは理解して頂きたい。

こんな事があったなあっていうのを噛み締めたいからである。


加入したときにAさんに「あら、意外と人が多かった!」って言われたのを
今でも覚えている。

この時はかわいらしくって、いい子やなあって気持ちしかなかったのだ。


まさかこれから半年
Aさんの事で頭を悩ませる事になるとはこの時のおりんさんは知る由もなかったのである。



続く

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆
web拍手 by FC2
TAG :
FF14
Durandal

【1周年特別企画】2代目MOF物語 その2

眠くないのでそのまま2話目かいちゃお

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆

☑MOF小話第2話

前回までのあらすじ(第1話はこちら←)
新しくFCマスターになったおりんさん

まずは新しいメンバーを増やそうと意気込むのであった。

シャウト?

募集記事を書く??

どうしたらいいんだろうー。って悩んだけど
まずは声をかけてみようかなって。

街にくり出してみたんだ。

b000163.png
(勧誘行く前に撮った当時のおりんさん)

ウルダハについて
まだどんな方を誘ったらいいのかとか
知識も何もなかったから
若葉マークをついたプレイヤーさんに目星をつけて

ドキドキしながらも
「すみません、ちょっとお時間いいですか?」

「平たく言えばFCの勧誘なんですが!」って

声を掛けてみたんだ。

手に汗が出る位ドキドキしてたのをおぼえてる。

声をかけども、かけども
多分何もわかってないか、興味はないか
拒否なのかわからないけどほとんどの方が無視をしたまま
その場を去っていったり

中には「呼ばれたので5分したら戻ってきます」って言って
ログアウトをし30分経っても戻ってこない方とかも。

今思うとあたし危ない奴だなーって思う(笑


あゝ、やっぱコミュ不足のあたしが
勧誘するなんて無理なんかなーって諦めかけてたら

目の前をボーイッシュな女の子が通っていったの。

ダメ元でええいって、勇気を振り絞って

「すみません、ちょっといいですか?」
「フリーカンパニーって言うギルドみたいな集まりの勧誘なんですが」


って言ってみたんだけど
全然返事が返ってこなくて。。これはやっぱりだめだーって思ったら

エモートのうなずくがかえってきたの。

え????うなずく??どういうこと???

「それでいま立ち上げたばかりでメンバーを募集してるんだけど
もしよかったら入ってくれませんか?」


って、いったらまたしてもエモートのうなずく。

えええ??誘っていいの???
不安になりながらもそれでは誘いますねって
誘ってみたらFCに加入しましたってメッセージがでて!

思わずうおおおおおおおおお!!って叫びたくなるほど
嬉しくなっちゃった。

2代目MOFの身内以外の
完全に新規メンバー第1号の誕生である。



ffxiv_20170725_215111.png

それがみゆさん。 


どうやらキーボードが無いらしく
返そうにもすぐチャットがでなくて
どうしようか悩んだ末にエモートで全部返事をした強者。

b000165.jpg

ちょっと変わった子かな~って最初は思ってたんだけど
実はこのみゆさん。

サブマスター🐣さんが引退するという話になった時に
サブマスターを譲るならみゆさんって言わしめる程のとてもいい子。

人思いで、和を重んじる方で
それでいてMOFのムードメーカーで

誰かがどこか行きたいっていうと
率先して混じって一緒にいってくれる子

あたしがいない時でもこの子がいたら
MOFは安泰だってあたしは思っています。

ffxiv_20170801_002315_20180713020003727.png


あたしが暴走するタイプなので
ブレーキ役になってもらってます←

そして今でも困った時はいつも愚痴を聞いてもらったり
相談に乗って貰ったりしてます。



b000164.png

当時のチャットです笑
みゆ語を覚えたい方はどうぞ。



そしてこの日、みゆさんが入ってくれて
変に勢いづいたおりんさんはこのままグリダニアに勧誘へ向かうのであった。

続く

◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆❖◆


web拍手 by FC2
TAG :
FF14
Durandal
お友達募集
FCメンバー募集
デュランダル
プロフィール

Author:りんの 
x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
ゲームのblogが欲しくて登録してみました

忙しさにもより不定期更新です。
あっ、ゲームはほぼ毎日してマス(笑)

あてくしの画像の転載は禁止です

x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
■□■□うちの各種りんく先■□■□
↓下記↓くりっくで飛べます(/*'-'*)/

☆うちのツイッター☆

☆にこにこ動画のうちのぺーぢ☆

☆うちのブログ(リアル写真、日記)☆

☆うちのFF14キャラ(ろどすとん)☆

☆ついぷろふ☆


x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
リアル日記のBlogのpassのヒント
飲み物に何かついてマス
文字数は【17】

このblogでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
かうんた~
月別アーカイブ
うちのつぶやき
google+
検索フォーム
最新トラックバック
このページのトップへ