繊細で優しいキミへ

ほんと今日は激務、激務er、the激務estの極みをすべて詰め込んで
煮込んで一日にしましたー的な仕事だた
さっきお風呂に入ったけど、もおくったくたでそのままバターンってしたいかんぢ。

だって、明日もお仕事だもん💦



x-x-x-x-x-x-x-x-x-




昨日もづっと釣りをもくもくと
してたんですあたし。


ffxiv_20170721_224631.png


お目当ての魚を作りたくって1時間くらい

ffxiv_20170721_224111.png

釣れども釣れども
あたしが狙ってる魚が一向につれなひ。

なぜだ💦


あたしの腕が悪いのかっ
FCチャットでリアフレに聞いたらエサと釣り場が悪いって

そして言われた通りの場所で釣ってみたら

ffxiv_20170721_231905.png

あっさり釣れちゃった
あたしの一時間はなんだったんだ。。。


それでどうせ釣れるならHQのおさかなを3つ揃えちゃおって
頑張っていたら

こんばんは、コメントみました、FC入りたいのですが

みたいなtellが


ええええぇっ
まぢっすかーっ
みたいに飛び上がっちゃって

釣りなんてやってる場合ぢゃにぃって釣り竿を放って

すぐさま会いにいきました。tellなんてくるものなんですね、うれしくてびつくり。

それですぐに入ってもらって
ついでだからFCハウスや施設の案内、とかもろもろ

ffxiv_20170721_235903.png

説明しおわって
あとはみんなでお外で戯れちゃってました。

ffxiv_20170722_003736.png

ふと思った。
おねいさんこんな人数でおばかなことやって笑うのは
どれくらい前の事が最後だったんだろうか。

素直に嬉しくって、懐かしくって。

あたしがづっと閉鎖的でソロに近くって、自分を変えようって。
ちょっと勇気をだしてから、良かったって思えた初の事だったのかもしれない。

この一瞬一瞬の繋がりを大事にしていこうって思えた。

あまりの楽しさに夜中の1時くらいまで時間を忘れちゃってたヨ。
時間が過ぎるのがはやいっ💦💦

惜しいけどみんなにばいばいをしてお布団に入ったんだ。


そして、良かったぁって思うと同時に
浮かんできたこと。。。





。。。。。


釣った魚、納品してNEEEEEE



くー(かなしみ)




x-x-x-x-x-x-x-x-

リディルサーバーに旅立ったキミへ
昨日ログアウトする直前に気付いたよ。

もう見てないかもしれないけど、ちょっと前に一言欲しかったって
いってたから今度は言っておくよ。

本当に悩んで悩んだ末の結果だったのかな。
あたしはその時傍に居なかったから
わからないから、そこについては何も言わない。

ffxiv_20170704_220508.png

あたし個人の思いというか考えなんだけど
ただキミがここにいるのはツライっていう気持ちがあったからなんだと思ってる。
きっと色々あって疲れちゃったんだろう。

そりゃあ、いなくなるのはさみしいけど
キミがツライって気持ちより向こうで楽しくやっていてシアワセなら
あたしはそれでいいんだって思っているよ。

無理に我慢してツライ思いする必要なんかどこにもないしね。

ffxiv_20170616_204312.png

あたしは前もキミにいったけど
あたしの気持ちはかわってない
キミの存在は大事

キミがあたしにいっていた
普段の他愛もないやりとりにシアワセを感じるって

それ、あたしも同じ思いだったよ。

向こうにいって、めいっぱい遊んで
めいっぱい楽しい気持ちになって

こんなバカげた出来事があったことは忘れてください。



今だから

ぶっちゃけて言っちゃうけどさ

あたしたち
過去別のMMOで一緒のサバで遊んでたよね

まいっか。
気持ちはづっと変わってないよ。
キミの装備も大事に持っておくよ。

それで向こうにも疲れてこっちでもまた遊ぼうかなって思ったら
あたしのトコで遊ぼうぢぇ



りんの


web拍手 by FC2
TAG :
FF14
お友達募集
Twitter

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 正和様

そおですね、あたしも子供の時になら
いっぱい遊べたのにーって思ったりも。。

でも学生に戻りたいとは思わないかなー??

No title

わたしは何も変わってないよ

って
聞いたのは何度目かなw
最初なにいってんのこいつって正直思ったわ。
でもさすがに何年も接してると
ああ、ほんとにりんのは変わってないんだなって思うようになった。
変わったのはこっち側なのかもしんないなって。

ありすちゃんに関しては、ぼくから見ればお互いのすれ違いかな。
勝手に期待して勝手に幻滅して勝手に去っていく。
ま、また勝手にデュランダルにFCに遊びにきたらいいじゃん。

ぼくからもこの場を借りてありすちゃんに一言言わせてもらう。
ありすちゃんがFF14やめようと思ったときに
ぼくはモーグリ装備してふざけた格好で真剣に色々語った。
でぼくがFCにこないか?って誘った時
来なかったよね。
あれは結構ぼくは悲しかったな。
りんのにもいったけど、あのFCはいずれ、りんのは抜けるだろうなって思ってた。
だからありすちゃんもあの時ぼくが誘った時にぬけていれば、今回のコトは避けられたと思うよ。

ま、ぼくの言ってることがただのたわごとなのか
真実なのかは時間が証明してくれると思う。

最後にもう1回だけ言うよ。
ありすちゃんよかったらりんのにFCに来いよ。
待ってるぜ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: ありすちゃん

コメント乗せようと思ったけど家族的なプライベートの事あったので
ふせとくね

x-x-x-x-x-x-x-x-xここから↓x-x-x-x-x-x-


そっかあ。ぢゃああたしの予想は大体当たってたんだね。
昨日さ、一応こげちゃんに確認したんだよ。ありすちゃんなんか一言いってったー?って

ありすちゃんの気持ちも大分わかるよ
今回の事で大分疲れてるんだろうなーってのもわかってた、ごめんね

ただ言いたいのは
何に対しての部外者?なのかよくわかんないな
それは誰に対しての事?
そして何を変えたいと思ったの?どうしたいと思ったの。

あたしは誰に対しても柵なんかたててないし枠組みもしていない。
FCの件だって、あたしからおいでなんて誰にもいってない。
みんなが来てくれただけの事。
みんなに対しても寧ろ最初はそっちのFCにいなさいねとも言ってるんだよ。

理由も初日にこげちゃんから聞かれたから教えただけで
あとは誰にも言ってないし
ありすちゃんにもツイッターでワケがわからないならあたしが当事者だから話すよともリプしたよ

一言欲しかったっていってたけど、あたしは誰にも自分からは言ってない。

あたしはそいう人間。昔からあたしは何一つ変わってない。


記事にも書いたけど
あたしはありすちゃんは大事な仲間だと思ってたし
ツイッターだってほんと楽しかったよ。

それは過去形ではなくて今でも変わりない。
ありすちゃんは辛くってやめちゃったけどね。


気持ち聞いてわかったことがある
これは昨日こげちゃんにも言ったよ。
こげちゃんも相当辛そうだったから。

ゲームは楽しむためにあるものなんだよ。
めいっぱい 楽しんで めいっぱい はしゃいで
面白くなきゃだめなんだよ。

つらいっておもったらだめ。
そいうのはしなくていい。

ありすちゃんが悩んだ末の結果なんだから
こっちにこなくても向こうで楽しんで遊べてるならそれでいいんだよ

寧ろこっちの事なんか忘れちゃってもいい。


つらい思いさせてごめんね
応援してるからね、がんば!


って、MMOの迷探偵だったかあたし(笑
なーんだ、ぢゃああの人は別人だったかー((((oノ´3`)ノ


最後に、こげちゃんの気持ち聞いたからいっとくよ
もどってきてほしいってさi-6

こげちゃんもありすちゃんと似た立場の人だから
気持ちわかるんぢゃないかなーってね。

引き止めちゃわるいか(笑)
がんばだよ^^
プロフィール

Author:りんの 
x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
ゲームのblogが欲しくて登録してみました

忙しさにもより不定期更新です。
あっ、ゲームはほぼ毎日してマス(笑)

あてくしの画像の転載は禁止です

x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
■□■□うちの各種りんく先■□■□
↓下記↓くりっくで飛べます(/*'-'*)/

☆うちのツイッター☆

☆にこにこ動画のうちのぺーぢ☆

☆うちのブログ(リアル写真、日記)☆

☆うちのFF14キャラ(ろどすとん)☆

☆ついぷろふ☆


x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-
リアル日記のBlogのpassのヒント
飲み物に何かついてマス
文字数は【17】

このblogでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
かうんた~
月別アーカイブ
うちのつぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
このページのトップへ